事業用不動産に向いた業者をすすめるわけ

事業用不動産とよばれるものに、投資家が購入するものがあります。

マンション1棟全部とか、大型の駐車場などです。

彼らはこれを購入して、賃貸物件として運用します。

購入にあたっては、すでに賃貸契約者がついているものが好まれるようです。

それは、賃貸契約者をいちから探す手間が省けるうえに、ある程度の収入がすでに確保されている、という事情からでしょう。

また、企業が関わる事業用不動産もあります。

中古の工場、倉庫、広大な敷地などです。

これも投資ですが、設備投資に分類されるもので、人に貸して儲けようというものではありません。

さて、こういう大型の不動産の売買をお考えの方に申し上げます。

「大型事業用不動産の取り引きは、その経験が多い業者に任せるべきです」

大型の不動産は、街で住宅を中心に手がけている不動産屋さんには、なかなか集まりませんし、そういう不動産を扱うノウハウもありません。

大型の不動産を多く扱う業者ならば、複数の物件がすでにありますので、いくつもの不動産屋に問い合わせる手間が省けるのです。

事業用不動産のうち、企業や投資家が関わるものは大規模なものが多く、不動産が大規模になると、売却の際の注意点が多くなります。

例えば、マンションを1室売る場合ならば、その1室だけを気にすればいいわけですが、1棟まるごとになると、屋上や外壁、通路なども、注意しなければいけません。

先ほど「大型事業用不動産の取り引きは、その経験が多い業者に任せるべきです」

と述べたのは、経験が少ない業者では、必要な注意点を見落とすことが多々あるからです。

事業用不動産の経験が多い業者をさがすには、こちらのリンク先が参考になります。

ぜひ、ご活用ください。

事業用不動産を得意とする不動産会社を見る

また、大規模な不動産は、法律や規制が特殊になったり、他の法律との複合的な解釈が必要になったりします。

不動産取引に関わる法律は、大規模物件になると不動産業者に必要な法律の範囲をこえ、行政書士や司法書士などの範ちゅうまで広がる場合が少なくありません。

事業用不動産の経験が多い業者の中には、行政書士や弁護士などと連携して、未然に法的トラブルを防ぐようにしているところもあります。